安心して、より精密な検査ができます

MRI検査とは

X線やCT検査のような放射線を用いることなく、強力な磁石と電磁波を用いた検査です。
放射線を被ばくすることがないので、放射線の影響を受けやすいお子さんでも安心して検査を受けることができます。
骨や体の断面画像をみることができ、症状の原因をよりしっかりと診断することができます

当院のMRI

当院では整形外科疾患の画像評価に特化した最新のオープンMRIを導入しました。
従来型(トンネル型)MRIと比べて開放性に優れ、従来は怖くて検査ができなかった閉所恐怖症の方お子さまにも向いています。
MRIのデメリットとして、検査時間が長いことが挙げられますが、最新技術により従来よりも短時間の撮影時間で高画質の画像が得られます。MRI特有の検査時の騒音も比較的小さくなっています。

MRIのメリット

放射線被ばくが無いこと

X線やCT検査のように放射線を使用しないMRIは、被ばくの心配が無く小さなお子様でも安心して検査を受けられます。

より詳しく検査できること

X線(レントゲン)撮影では難しかった、軟骨やじん帯、骨のひび、骨内の水腫及び血腫等も検査することができます。

MRIは磁場の中で行うため、状況によっては検査を受けられない場合があります。
以下に該当する方は、必ず検査前にスタッフにお知らせください


【MRI検査を受けられない方】
● 心臓にペースメーカーがある方
● 人工内耳を作っている方
● 体内に電子電気部品を装着されている方

【MRI検査を受けられない可能性のある方】
● 心臓にステントなどがある方
● 人工弁の手術を受けている方
● 体内に避妊リングなどがある方
● 手術による人工関節・針金・脳動脈瘤クリップなどの金属が体内にある方
● 眼に金属片が入っている、または入っている可能性がある方
● 妊娠している方、またはその可能性がある方
● 閉所恐怖症など狭いところが極端に苦手な方
(当院のMRIは閉塞感が大幅に軽減されおりますが、難しい場合もあります)
● 歯の矯正またはインプラントなどをしている方
● 増毛パウダーを使用している方
● 入墨のある方
● 以前にMRI検査で気分が悪くなったことのある方
● MRI検査室に持ち込めないもの
● 貴金属( ネックレス、ピアスなど )
● メガネ、入れ歯、補聴器
● 金属の入った下着 ( ブラジャーなど)
● ズボンのベルト、ファスナー
● 防寒肌着(ヒートテック等の吸着発熱素材を使用した肌着)
● カイロ、エレキバン
● カラーコンタクトレンズ 等

*当院では安全に検査を受けていただくために検査着に着替えて頂きます

お問い合わせは お気軽にどうぞ

〒751-0858 山口県下関市稗田町9番30号
サンデン交通「垢田」から徒歩4分/「北町2丁目(稗田線)」から徒歩4分
JR「新下関駅」南口から車で5分

診療時間
午前 8:30 〜 12:30
午後 2:00 〜 5:30

 休診日:日曜日・祝日・お盆・年末年始

083-227-4886

受付 8:30-12:30 / 14:00-17:30
(木曜午後・土曜午後・日・祝日・お盆・年末年始は休診)